メニュー

院内のコロナウイルス感染対策

厚生労働省、医師会、米国CDC(アメリカ疾病予防管理センター)、等の指針を基に、当クリニック独自の取り組みも積極的に行い、下記の内容の感染対策に努めております。

 

 1. アルコール消毒による環境整備                                                                           

 診察室の椅子やドアの接触面、医療機器、などを随時76.9~81.4%のアルコールで消毒しております。

2. パーテーションスペース(隔離スペース)使用による院内感染対策 

 簡単な問診(新患の方や再診でもいつもと違う症状で来院された場合に使用)で何らかの感染症が疑われる方は、待合室内のこのスペース(内部では空気清浄器を稼働しております)でお待ちいただくことになります。医師が個人防護具着用で診察させていただいております。このようにして、ほかの患者様との接触を回避することに努めております。

3. 換気、空気清浄の励行                                                                                           

 診察室、待合室、処置室は(天候にもよりますが)、一定時間ごとに換気を行っております。また、空気清浄器による感染対策も図っております。

4. 内視鏡検査時の飛沫暴露に対する防護                                                              

 学会の提言に基づき、飛沫を誘発する処置については、個人防護具着用を徹底して、暴露対策ならびに環境汚染対策に努めております。

5. スタッフの感染対策

 出勤時の体温測定にはじまり、ミーティング等でスタッフどうし健康状態を確認しあい、さらには、サージカルマスク着用(場合により、フェイスマスクやN95マスクを着用)や手指衛生に努めております。受付カウンターに飛沫防護のビニールシートを設置しております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME